懲りずに2012年型CBR1000RR|情報

新型RRの訪問者が凄かったのでもうちょい調べて見ました。

今回の新型RRは見て分かるように足回りを重点的に改良しているみたいですね。

1.驚きの12本スポークホイール

f-wheel

r-wheel

前回も言ってますがまず目に付くこのホイール・・・本当にコレで大丈夫なのか?折れないのか?
そんな心配が生まれるほど見るからに軽そうですね。ホンダのことですのできっと耐久性も問題ないんでしょう。

 

2.新しいんだか古いんだかよく分からないメーター

う~ん・・・
↓恒例の新旧比較(左が旧型、右が新型)
meter

うーんずいぶん安っぽ(ry、軽量化のためでしょうねぇ・・・
好き嫌いハッキリ分かれそうですが、ワタシはゲームボーイ(死語?)みたいで好きでは無いです。

 

3.BPF(ビッグピストンフォーク)採用

これは予想されてたことかな?というのもGSX-R1000やZX-10Rが相次いで採用してきたので・・・
残念ながらコレでBPFじゃないのは我らがYZF-R1だけになってしまいましたね。

 

「ところでBPF(ビッグピストンフォーク)とはなんぞや?」
えぇ・・・ワタシもよく知りませんでした。ですから調べましたよ・・・

そして下手の横好きなイラストで説明

BPF(ビッグピストンフォーク)とは?

こんな絵でお分かりいただけました?分からないですよね?
そんなかたはSHOWAに詳しく書かれてますので御覧ください。って二度手間だなおいw

んでそのBPFのメリットなんですが・・・まあ要するに性能アップってやつでさぁ!

すいません減衰圧がどうとかよくわかりませんでしたorz

 

もっと写真や動画が見たい方はコチラが一番豊富みたいですのでどうぞ
http://www.motoblog.it/post/31028/honda-cbr1000rr-2012-primo-video-del-restyling