GSX-1300R HAYABUSA|インプレ

GSX-1300R

実は会社の先輩が僕のR1に対するおノロケを聞いていて我慢できなくなったらしく、密かに商談し颯爽と隼で出勤してきました(笑

いや~隼人気凄いですよね・・・会社の人全員で「うお~隼だ~!」「カッケー!」とか言って盛り上がりました。(僕が一度R1で出勤した時とは盛り上がりが違う。・゚・(ノД`)・゚・。)
いやでもたしかにこれぞ大型という風格がありましたネ。ってそんなのは知ってるとか言われそうなので、乗ってみた感想でも書いてみます。

え~っと、まず隼乗りの方々に謝っておきますm(__)m

何故かというと「熱かった!」とか「鬼のようなトルクだった!」とか出尽くした話を書いても何の参考にもならないと思ったからでありまして・・・あえて辛口インプレしてみたいと思います。少しでも参考になれば幸いです。(あくまで大型ペーペーなので鵜呑みにはしないように!)
ちなみに2005年式(?)だかで色々改良された旧型の後期モデルだそうです。

まず驚いたのがインジェクションなのにチョークが付いてる!
一瞬キャブ車かと思いましたよ(笑
チョークを引いて一分ほど暖機しないとエンストするそうです。(←隼のというかスズキの持病らしいです

あと一眼のせいかライトが結構暗いです。本人も不満げでした。

そしてグラフィックが全てシールだと言う事。
このカラーの場合アッパーはエンジ色にシール。サイドはブラックにシール。勿論「隼」という文字もシール。これってどうなのよ・・・と思うわけですよ。
ちなみに新型の隼もシールでした。何か理由があるんだろうか?カウル形状のせい?

まあ外装は好みの問題なので置いとくとして実際に乗せてもらって

まず第一声
「クラッチが極端に浅い!」
もう信号の度フォンフォン吹かしてしまいましたよ(笑
遊びの部分が既に半クラで四分の一くらい切るともう切れてます・・・
これは隼の仕様で隼乗りの間では有名らしく変えてる人が大半らしいです。

そして第二声
「ブレーキが効かない!?」
説明するのが難しいのですが、R1の感覚(というか一般のバイクの感覚)で握ると「スゥー」っと行きます。

加速しててパッとクラッチを切った時の「スゥー」って感じと似てます。初期制動がないというか何というか・・・
これも隼乗りの間では有名な話らしく皆さん変えてるとか慣れるとか。
まぁ確かに僕も終盤では慣れました。

慣れてみるとネイキットと変わらないんじゃないかという位の取り回しのしやすさ、足つきの良さ、ポジションの優しさ(笑
ただメーターが低いのとフルスケールな為、日本の法定速度付近が見難く気付いたら速度オーバーしてたなんて事があると思います。

んで最後に少しクイッと捻ってみたところ、何ともジェントルな加速でした。R1ほど荒々しくなく、加速はしてるんだけど加速感が余り無い。どこまでも平常心で加速していく感じでした。
後期モデルはそういう味付けらしいですね。

走りに関してはやんちゃな知人が隼ではなく12Rを選んだ理由が少し分かる気がしました。
僕にもまだ早いと感じましたね。正しく大人のバイクですよアレは。

まぁでも一番の驚きはコブに何にも入らないことに気付いた事かな(笑)
皆さん中をブッタ切ったりしてるみたいですね。

色々と文句を垂れましたが、それでも売れているという事はやはり惹きつけて離さない隼の魅力があるんでしょうね。

最後に(こんな事言ったら同僚に怒られるだろうけど笑)
隼を検討されている方がもしご覧になっているのでしたら、旧型に熱い思い入れがない限り絶対に「新型」をお勧めします。上記に挙げられている問題点が新型は改善されているそうです。
あと初期型は地雷が多いらしくECUが16bitだの燃料ホースが何とか(失念)だのでオススメしないとバイク屋さんが言っていました。
旧型なら32bit化された後期モデルを買ったほうが良いとの事。
あと僕自身がこの前お店で新型に跨らせてもらったのですが、メーターが見やすくなってる&五連メーターカッコ良い!(←主観(笑
隼って中古が異常なくらい高いですし、後々上記の事などにお金を掛けるよりは新型を買ったほうが良いかと思いました。

参考程度に!
愛車の記事全然書いてないな。。。笑

11月25日
追伸
ハヤブサのエンストについて
ググって得た信頼性に欠ける情報によるとスロットルバルブの洗浄が基本だそうです。
目安としては5000km毎、またはアイドリングが1000rpmを切る、チョークを引いても2000rpm以上にならない等々
・・・ってココR1のブログなんですけどね(笑